PR

【お子さんを育てるご家庭には見て欲しい👀】窒息事故の怖さに触れた記事のご紹介&園児の親として保育園に対して感じたこと・思ったこと

家族のこと
記事内に広告が含まれています。

 こんにちは、みなさま。

臨床心理士と公認心理師をやっております、『トアルしんりし』と申します。

 現在、婚活で出会った会社員の伴侶と発達障害(自閉スペクトラム症と中度知的障害)もちの5歳・娘と3人で暮らしています。

このブログでは…トアルしんりしが子育て中に自然に感じること、考えることの内容が、もしかしたら、この世界のどこかで過ごす人にとって〈新たな視点〉となって、何かしらお役に立つこともあるかもしれないと思って運営しております!


【「子どもは静かに苦しむ」について考える】記事内容のご紹介&園児の親として保育園に対して感じたこと・思ったことを書きますね📝

 今回ご紹介したい記事がこちらになります👇

👆WEB特集「子どもは静かに苦しむ」窒息事故の怖さとは/NHK NEWS WEB

トアルしんりし
トアルしんりし

では、内容の方を✋早速みていきましょうか✋

記事の内容に関して少しご紹介したいと思います📋

ともに1歳に満たない2人の園児が、給食やおやつに出されたりんごを食べた後、窒息状態になり、意識不明の重体に陥ったのです。

生後6か月だった女の子は、1か月余りの治療の末、命を落としました。

かつて、娘がりんごを詰まらせたという女性は「静かに苦しむ」とその様子を証言しました。

 上記の冒頭文と共に、以下の内容が記事では記載されています👇

  • りんごを食べた子どもたちが…保育園で何が
  • “静かに苦しむ” 窒息の恐怖
  • 子どもの窒息 防ぐためのルールは?
  • 事故を防ぐために 現場の模索
  • 家庭で気をつけることは 万が一の時どうすれば
  • 注意が必要な食材
トアルしんりし
トアルしんりし

今回は全項目について、内容をみていきましょう!

りんごを食べた子どもたちが…保育園で何が より🔍

鹿児島県姶良市の保育園で、生後6か月の女の子が救急搬送される事故が起きました。(略)

保育園の園長はこれまでの取材に対し「薄く切ったあと、おろし金ですりおろしたりんごを、麦茶と一緒に出した」と説明しています。(略)

着替えを取り、振り返るまでのわずか数秒の間に、女の子の様子は一変していました。

搬送先の病院で治療が続けられましたが、今月28日、女の子は意識が戻らないまま死亡しました。(略)

園長は取材に対し「すりおろしきれなかった固形の状態のりんごが入っていて、それがのどに詰まった可能性も否定できない」と話しています。

~WEB特集「子どもは静かに苦しむ」窒息事故の怖さとは より一部抜粋にて引用~

 そして、記事内ではもう一件の事故についても言及しています。

この事故のおよそ1か月後、愛媛県新居浜市の保育園でも園児がりんごを食べた直後、意識不明になる事故が起きました。

園児は、生後8か月の男の子。(略)

園側の説明では「のどに詰まらせた」と思った保育士が背中をたたいて吐き出させようとしましたが、顔はみるみる青ざめていったといいます。(略)

園の説明によると、その大きさは、長さ7ミリ、幅2ミリ、厚さ3ミリほど。(略)

園側はこれまでの取材に対し、保護者への聴き取りで、男の子がりんごを食べたことがあることを確認したうえで、提供したと説明しています。
ただ、生や固形のものを出すといった調理や提供の方法までは、説明はしていなかったということです。

~WEB特集「子どもは静かに苦しむ」窒息事故の怖さとは より一部抜粋にて引用~

“静かに苦しむ” 窒息の恐怖 より🔍

「私も、子どもがりんごをのどに詰まらせたことがあるんです」(略)

ある日、工藤さんは、1歳数か月だった長女におやつとしてりんごを出しました。

シャリシャリとした食感が好きで、すでに赤ちゃん用のせんべいも食べていた長女。
十分に食べられるだろうと思い、薄く、くし形にカットして手渡したそうです。(略)

ところが、次第に唇が青くなり、胸の辺りを触るようなそぶりを見せました。

「のどに詰まらせたんじゃない?!」

慌てた工藤さんは、急いで長女をいすから抱き上げ、頭を下にして背中をたたきました。

しかし、りんごは出てきません。

その時、看護学校で学んだことのある「ハイムリック法」(記事の後半でご紹介します)を思い出し、試したところ、口からりんごの「かけら」が。
幸い大事には至りませんでした。

~WEB特集「子どもは静かに苦しむ」窒息事故の怖さとは より一部抜粋にて引用~

 20年程前に工藤さんが体験したものだったとのこと。

その工藤さんが何より怖かったというのが、『長女が「静かに苦しんだ」ことだ』というのです。

以下に、そのコメントを一部抜粋にて載せます👇

工藤ミカさん

「りんごをのどに詰まらせた時、長女は、声も出さず、暴れもしませんでした。(略)あの時は長女からほとんど目を離していなかったので、すぐに気付くことができましたが、もし誰かと話していたり、テレビを見ていたりしたら気付かなかったと思います」

「(略)子どもが窒息するときは、静かに苦しむんです。小さい子どもが何かを食べているときは、絶対に目を離してはいけないと痛感しました」


子どもの窒息 防ぐためのルールは? より🔍

消費者庁の分析では、2019年までの6年間に、死亡した14歳以下の子どもは80人。その7割が2歳以下でした。

原因となった食べ物が明らかになっている51人を見ると、多いのは母乳やお菓子。
りんごやぶどうなどの果物を詰まらせて亡くなった子どもも、6人にのぼります。

実は、教育施設や保育施設などでの事故を防ぐため、国が2016年に定めたガイドラインには、食べ物の調理や提供のしかたについても書かれています。

たとえば、りんごについては、このように記載されています。

  • 果物は、かみ砕いて細かくなったとしても、固さや切り方によってはつまりやすい
  • りんごや梨は、離乳食完了期までは加熱して提供する

(略)ただ、ガイドラインはあくまで「参考にしてもらうもの」という位置づけで強制力はありません。実際に、愛媛県と鹿児島県で起きた事故では、提供されていたのはいずれも加熱されていないりんごでした。

~WEB特集「子どもは静かに苦しむ」窒息事故の怖さとは より一部抜粋にて引用~

事故を防ぐために 現場の模索 より🔍

松山市にある和泉保育園。
生後10か月から5歳まで、131人の子どもを預かっています。

この園では、子どもたちが食べるものは、国のガイドラインを踏まえて調理し、提供しています。(略)

全国的に「保育士不足」が指摘され、多忙な保育の現場。しかし、この園では、「忙しいからガイドラインに沿えないということはあってはならない」と、対策を徹底しています。

~WEB特集「子どもは静かに苦しむ」窒息事故の怖さとは より一部抜粋にて引用~

和泉保育園 佐川いづみ園長のコメントも以下に載せさせていただきます(一部抜粋にて引用)👇

和泉蓮華会 和泉保育園 佐川いづみ園長

「月齢などによってつくり分けるのが大変な場合は、例えばりんごなら、加熱したサイコロ状のものも食べられる時期の子どもにも、より小さい子どもにあわせて、すりおろしたものを与えるというような対応も考えられると思います。安全を重視して、それぞれの園ができることをやるべきです」

そして、今回の事故を受けて、この保育園では新たな対応も始めます。

この園では、園児が子どもが給食を食べ始める前、アレルギーの有無を確認するため、これまでにどんな食材を食べたことがあるかを、保護者に報告してもらっています。

その確認にあたって、今後は、園で提供している給食の写真を見てもらったうえで、家庭での食事の状況を踏まえて、どんな形で提供するか、保護者の了承を得ることにしました。

~WEB特集「子どもは静かに苦しむ」窒息事故の怖さとは より一部抜粋にて引用~

家庭で気をつけることは 万が一の時どうすれば より🔍

小児科医で、子どもの安全に取り組むNPO「Safe Kids Japan」の山中龍宏理事長によりますと、幼い子どもは、かんだり、飲み込んだりする機能が発達していないので、大人と比べて食べたものが気道に入りやすいそうです。(略)

山中龍宏さん

「ずっと見守っていたとしても、うまく飲み込めているかどうかまで見極めるのは難しい。食事中に『いつの間にか泣き声が止んだ』、『顔色が悪くなった』と思ったら、窒息状態になっているかもしれないと考えてください」

(略)山中さんが上げた「食べ方」の工夫をいくつかご紹介します。

  • 遊びながら物を食べさせない
  • 食べ物を口に入れたまま会話しない
  • 食事中にびっくりさせない
  • 食べることを強要しない
  • 食事中はいつもそばで観察する
~WEB特集「子どもは静かに苦しむ」窒息事故の怖さとは より一部抜粋にて引用~

 それでも食べ物が詰まってしまった場合について、山中さんがご紹介している対処法を以下に載せます(一部抜粋にて引用)。

背部叩打法」は、片方の腕で子どもを抱え、頭が下になるようにうつ伏せにします。
そして、背中の真ん中を力強く、連続して叩く方法です。

ハイムリック法」は、子どもの後ろから両腕を回し、片方の手で握りこぶしをつくります。そして、へそとみぞおちの間で握りこみ、上に向けて突き上げるように圧迫する方法です。1歳以上の子どもに行う応急処置とされています。

子どもの意識がある場合はこの方法を繰り返しますが、意識や反応がない場合は心肺蘇生を行ってください。
また、周りに誰かいる場合には、これらの応急処置を行う前に、救急車の手配を頼んでほしいということです。


注意が必要な食材 より🔍

 <使用を避ける食材><0歳・1歳は提供を避ける食材><調理や切り方を工夫する食材><食べさせるときに特に配慮が必要な食材><果物>より一部抜粋にて引用して、ご紹介させていただきます📋

使用を避ける食材

▽球形という形状が危険(吸い込んで気道を塞ぐことがある)
ミニトマト(4等分すれば可能)乾いたナッツ・豆類、うずらの卵、あめ、ラムネ、丸いチーズ(加熱すれば使用可能)
ぶどう・さくらんぼ(形だけでなく、皮も口に残るので危険)

▽だ液と混ざることで粘着性が高まって危険
餅、白玉だんご
▽固すぎる
いか(小さく切って加熱すると固くなる)

0歳・1歳は提供を避ける食材

▽固くてかみ切れない
えび、貝類
▽噛みちぎりにくい
おにぎりの焼きのり

食べさせるときに特に配慮が必要な食材

▽飲み込みづらい
ごはん、パン類、ふかし芋・焼き芋、カステラ(水分を取ってのどを潤してから食べる、詰め込みすぎずよくかむ)

果物

▽細かくなっても固さや切り方によってはつまりやすい
りんご、梨(離乳食完了期までは加熱して提供)
柿(離乳食完了期まではりんごで代用)

~WEB特集「子どもは静かに苦しむ」窒息事故の怖さとは より一部抜粋にて引用~

園児の親として保育園に対して感じたこと・思ったことを書きたいと思います🖊

 最近、メディアやSNS上で『不適切保育』という言葉を目にすることが増えたなぁ~💦と思います。

 保育現場はとても大変であることは理解されてきている反面で、頑張っても生じてしまう悲惨な事故ということが数多く存在するものとして取り上げられてしまっているのも現状としてあるというのは、個人的に非常に考えさせられました。

 今回ご紹介している記事も、読んでいく中で複雑な思いが生じたものでした。

というのも、過去の娘との日々を振り返った時に、我が家でも窒息事故の体験まではいかずとも『ヒヤリ・ハットな体験』は多々あったためです。

ヒヤリ・ハット(Wikipedia)というのはこんな感じのことですね👇

医療におけるヒヤリ・ハットは、医療的準則に従った医療行為が行われなかった(人的なエラーが発生した)が結果として被害(不利益)が生じなかった事例に使われる[要出典]。看護学においても普及した言葉であり、厚生労働省が発表する「リスクマネージメントマニュアル作成指針」にも定義されている。~ヒヤリ・ハット 医療現場より一部抜粋にて引用~

我が家の場合は、私が仕事をしながらの離乳食作りが下手過ぎたというのもあり、栄養素を考えながら既製品を多用していたのもあり、ペースト状の果物で娘が窒息を起こしにくい状況であったかもしれません(それは不幸中の幸いですね)💦

 思い返すと、これまで様々な保育園で一時保育経験のある我が家ですが、入園手続きの際に食事のメニュー・調理法やアレルギー有無の確認など、用紙と共に事前説明を受けた機会(和泉保育園のような感じで結構丁寧にやっていただきました)が多かったのには感謝しかないですね。

 「背部叩打法」や「ハイムリック法」に関しても、最近の母子手帳には記載されていたりいるのを見ると、いざという時は本当にいつくるかわからないけれども知っていることは大事だな、と感じてしまいますね。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

 今回は、「子どもは静かに苦しむ」窒息事故の怖さとはという記事のご紹介と共に、園児の親として保育園に対して感じたこと・思ったことを少し書きました。

 我が家の場合、今まで園で娘が(娘本人の不注意メインで)頭をぶつけたとか怪我をしたといったことは割とありましたが、子どもであれば必然と生じてしまうトラブルの範囲であったことが多く、保育園に対しては安全に配慮して預かってもらえることに感謝こそすれ、憎しみの感情は生じずにおります

そう思えることは非常に有難い事なのであるなぁ…ということを、ご紹介した記事や悲惨なニュースを目にする度に思う今日この頃です。







  • 同じ子育て時間、折角過ごすならストレスレスでいたい!
  • 子育てを通して、親である自分も成長できたらなと思う
  • なかなか解決できない問題って子育てにはあるよね?
  • みんなはどうやってストレス発散してるの?
  • みんなは自分と同じことで悩んだりするのだろうか?

などなど…

☞障害の有無関係なく、ひとりひとり個性をもった子ども達を育てている親御さんにとって、『毎日大変だけど…子育てって、楽しいこともあったりするな』『私たち頑張ってるよね~』、と思える体験をこのブログを読むことで、少しでもよいのでしてもらえたら嬉しいですね***


 ではでは、またお会いしましょう〜!



感想など送ろうかなと、もしいっらしゃる方がいれば
☞(コメント機能の代わりに)お問合せフォームをご利用ください



☟購入したりしておススメの作品を中心に置いています♪いつもありがとうございます!
楽天room

トアルしんりしの徒然日記 - にほんブログ村



ブロトピ:今日の育児日記

タイトルとURLをコピーしました